売れる型にはまる

From:長尾純一

今日は息子二人の水泳の練習を見学しに行ってきました。

水泳の練習もいきなりプールに入って、
はい!泳げーって言うことではないですよね。

浅いプールで水遊びしたり、
頭から水をかけたりして水に慣れさせる。

だるまって言ったら体を丸めて、
飛行機って言ったら飛行機の形になって浮く練習をする。

そして、ビート版を持って壁キックをして端から端まで
すーっと泳ぐ。

一つずつ階段をあがっていくように、
何度も何度も反復練習して型を体に覚えさせています。

これを見ていると私も型にはまらず崩してやりたくなるのを改めさせられます。

売るためにも型があるのはご存知ですよね?

・セールスレターの書き方

・メルマガの書き方

・ステップメールの書き方

これら全てにも成功している型があって、
頭を悩ましてゼロから考えて作る必要がないのはご存知ですよね?

26歳でホームページ、ソフトウェア開発会社を作って活動していた時期は
私はまったく知りませんでした。

開発スキルさえあれば売れるだろうと本気で思っていましたから。

けど、今考えるとホームページやソフトウェアも型があって
パーツを作ってそれを組み合わせて制作、開発していましたね。

今は、商品開発、セールスレター、メルマガなども
全て型にはめてやっています。

昔と比べる断然、作業が楽!
しかも時間も短縮できる!!

とてもいい感じです。

ゼロから時間をかけて考えてまったく売れないのと
型にはめて少ない時間で作成して売れるのであれば、
絶対に後者の「型にはまる方」を選びますよね?

コメントの入力は終了しました。